ネット証券の口座開設から取引までの手順マニュアル

ある程度の株式投資の情報が頭に入ったら、次にやることは「まずは証券会社の口座を作る」ことになります。どんなものも同じですが「習うより慣れよ」です。考え方ばかり身に着けても、なかなか頭には入ってきません。実際に証券会社の口座を開設し、入金し、トレードすることでやっとイメージがつかめるのです。

今回は、初心者でも簡単に口座開設できるネット証券で、口座開設から取引までの手順を解説します。

ネット証券の口座開設の手順

ネット証券の口座開設は、主に

口座開設申込
本人確認書類の提出
初期設定
審査
口座開設完了

という流れになっています。

今回は、SBIネット証券の口座開設をしながら、説明をしていきます。

口座開設申込

1.「口座開設はこちら」ボタンをクリックする

ウェブサイト右側にある「口座開設はこちら」をクリックします。

2.「メールアドレス」を入力する

メールアドレスを入力すると、認証コードの入力画面になるため、届いたメールを見ます。

件名:【SBI証券】口座開設申込用認証コードのご連絡/お客さま情報入力にお進みください
=============================

本メールは、SBI証券口座開設メールアドレス登録を実施されたお客さまへお送りしております。

このたびはメールアドレスをご登録いただき、誠にありがとうございます。

お客さまにSBI証券の口座開設申し込みに必要な認証コードを発行いたしました。
メール送信後に表示される認証コード入力画面にて、下記認証コードを入力し、お客さま情報入力にお進みください。

認証コード:******
=============================

3.「必要事項」を入力する

必要事項を入力します。

  • 居住地国
  • 名前(漢字)
  • お名前(フリガナ)
  • 生年月日
  • 性別
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 郵便番号
  • 納税方法の選択
  • NISAの選択
  • SBI証券のiDeCo資料請求
  • 住信SBIネット銀行 口座開設同時申し込みの選択
  • SBI証券Tポイントサービス申し込み
納税方法の選択

納税方法には

  • SBI証券に任せる:特定口座 源泉徴収あり
  • 自分で申告する:特定口座 源泉徴収なし
  • 自分で計算・申告する:一般口座

の選択肢があります。

「SBI証券に任せる」場合には、自動的に利益から税金が天引きされて、納税が完了します。それ以外の場合は、自分で納税する必要が出てきます。とくにこだわりがなければ「SBI証券に任せる」を選択しましょう。

NISAの選択

NISAには

  • つみたてNISAに申し込む(無料)
  • NISAに申し込む(無料)
  • 申し込まない

の選択肢があります。

NISAとは、少額からの投資を行う方のための非課税制度のことを言います。株式・投資信託等への投資から得られる配当金・分配金や譲渡益に対して、非課税投資枠の範囲内で非課税になります。

わからない方は「NISAに申し込む(無料)」を選択しましょう。

そのほか、下記は、SBI証券のそのほかのサービスの営業的なものですので、必要であればチェックしましょう。

  • SBI証券のiDeCo資料請求
  • 住信SBIネット銀行 口座開設同時申し込みの選択
  • SBI証券Tポイントサービス申し込み

4.規約を確認する

規約を確認して、問題なければチェックし、「同意する」ボタンをクリックします。

※PDFで規約を表示してからでないと、同意にチェックできません。

5.口座開設方法を選択する

口座開設方法には

  • ネットで口座開設(本人確認書類をネット・スマホで提出)
  • 郵送で口座開設(本人確認書類を郵送で提出)

の2つの方法を選択できます。

とくにこだわりがなければ「ネットで口座開設」を選びましょう。

6.口座開設申込の完了

口座開設が完了すると

  • 受付番号
  • 口座番号
  • ユーザーネーム
  • ログインパスワード

が表示されます。

本人確認書類の提出

1.ログインする

ご本人さま確認で「ユーザーネーム」「ログインパスワード」を入力してログインします。

2.本人確認書類を提出する

マイナンバー、本人確認書類を提出します。

スマートフォンをお持ちで、その場で撮影して提出可能な方
  • マイナンバーカード
  • 通知カード + 運転免許証
スマートフォンをお持ちでない方、過去に撮影した画像を利用して提出したい方、上記書類の組み合わせがない方
  • マイナンバーカード + 本人確認書類(いずれか2種類)
  • 通知カード + 本人確認書類(いずれか2種類)

本人確認書類は

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード(写真付き)
  • 日本国パスポート
  • 住民票の写し
  • 各種年金手帳
  • 各種健康保険証
  • 印鑑証明書

が該当します。

が選べます。

提出方法には

  • スマホカメラで撮影して提出
  • 保存した書類で提出

が選べます。

口座開設完了通知の受取方法には

  • メールで受け取り、オンラインで手続きを完了する方法
  • 郵送で受け取る方法

が選べます。

本人確認方法には

  • 自分の顔をその場で撮影する方法
  • 銀行口座と連動させる方法

が選べます。

3.初期設定する

初期設定では

  • 国籍
  • 携帯番号
  • FAX番号
  • 米国永住権の保有および米国居住者の該当
  • 職業

を入力します。

職業では

  • お勤め先の名称
  • お勤め先の部署名
  • お勤め先の役職名
  • お勤め先の電話番号
  • お勤め先(または経営会社)のご住所

を入力します。

そのほか

  • ご世帯主との続柄
  • ご本人もしくは世帯主が上場会社に勤務されている場合の入力
  • 振込先金融機関口座(出金口座)
  • 取引プラン
  • 投資経験
  • アンケート

などの質問が続きます。

取引プラン

SBIネット証券の口座の取引プランの選択肢が表示されます。

  • スタンダードプラン:1注文の約定代金に対して手数料
  • アクティブプラン:1日の約定代金合計額に対して手数料
    ※1日の約定代金合計額が100万円までは手数料無料

名称の通りで、1日100万円までの取引であれば、アクティブプランの方が安く取引が可能です。

投資経験
  • ご投資の方針
  • 主たる資金の性格
  • 主な収入源
  • お取引の動機
  • 資産運用期間
  • 年収及び金融資産
  • ご興味のあるお取引
  • ご投資の経験
証券総合口座と同時に申し込む口座

  • iDeCo
  • 信用口座
  • FX口座
  • CFD(くりっく株365)口座
  • 先物・オプション口座
  • 金・プラチナ口座

よくわからなければ、全部チェックを外しても構いません。必要な口座があれば、この段階で申し込むと簡単です。

審査

口座開設申込、本人確認書類の提出、初期設定が終わると、後は「審査」になります。

口座開設完了

提出内容などの審査が問題なければ、メールに「口座開設完了通知」が届きます。

メールには

取引パスワード設定画面のURLが記載されています。

  1. 必要事項の入力
  2. 認証コードがメールに送られてくる
  3. 認証コードと初期取引パスワードを入力する
  4. 取引パスワードを設定
  5. 取引可能な状態になる

証券口座に入金する

株式投資・株の売買をするためには、証券会社の口座に資金を入れる必要があります。

入金方法には

  • 即時入金:即時に入金が反映される
  • リアルタイム入金:24時間即時反映
  • 銀行振込入金:銀行やコンビニのATMから振込での入金、1時間~2時間で反映
  • 振替入金(ゆうちょ銀行):ゆうちょ銀行口座から、インターネット上の操作で入金、翌営業日に反映

即時入金とリアルタイム入金は、どちらも「24時間即時反映」ですので大きな違いはありません。利用できる銀行が異なるだけです。

口座に反映される

SBIネット証券の場合「口座管理」をクリックすると、「口座サマリー」が表示されます。

  • 現金残高等

に入金した金額が反映されていれば、これでトレードが可能な状態になったということです。

ネット証券の口座で見れる情報

個別銘柄の情報

口座ができれば、その証券会社の機能や情報がほぼすべて見れる状態になります。※一部、別の口座開設や有料プランでないと使えない機能などがあります。

SBIネット証券で「トヨタ自動車 (7203)」を見ると

株価情報

  • 現在株価
  • 始値
  • 前日終値
  • 高値
  • 出来高
  • 安値
  • 売買代金
  • 売気配株数
  • 気配値
  • 買気配株数
  • VWAP
  • 売買単位
  • 制限値幅
  • 年初来高値
  • 年初来安値
  • 上場来高値
  • 上場来安値
  • 信用売残
  • 信用買残
  • 貸借倍率
  • 信用/貸借
  • 予想PER
  • 予想EPS
  • 実績PBR
  • 実績BPS
  • 予想配当利
  • 予想1株配当

ニュース

トヨタ自動車に関するニュース情報が表示されます。

チャート

株価の推移を表すグラフを「チャート」と言います。表示する期間を変えたり、売買の参考になるサポート指標「テクニカル指標」を表示するなど、分析に適した情報です。

  • 1日
  • 2日
  • 3日
  • 5日
  • 10日
  • 1ヶ月
  • 2ヶ月
  • 3ヶ月
  • 6ヶ月
  • 1年
  • 2年
  • 3年
  • 5年
  • 10年
  • 20年
  • 30年

評価レポート

モーニングスター企業評価レポートが掲載されています。モーニングスターは、投資信託の格付け評価を中心として、アナリスト等による世界規模の金融・経済情報を機関投資家・個人投資家向けに提供する企業のことです。

モーニングスターのアナリストがその企業に対してどういう評価をしているのかがわかります。

四季報

四季報とは

東洋経済新報社が発行する会社四季報のこと。全上場企業を網羅し、業績予想などの企業データを掲載している

四季報には

  • 企業概要
  • 財務状況
  • 資本異動

があり、

  • 株主
  • 役員
  • 売上高
  • 営業利益
  • 税前利益
  • 純利益
  • 1株益
  • 1株配
  • 配当金
  • 予想配当利回
  • 売買単位
  • 時価総額
  • 営業CF
  • 投資CF
  • 財務CF
  • 現金等
  • ROE
  • ROA
  • 調整1株益
  • 最高純益
  • 設備投資
  • 減価償却
  • 研究開発
  • 総資産
  • 自己資本
  • 自己資本比率
  • 資本金
  • 利益剰余金
  • 有利子負債
  • 資本異動
  • 上場来高値・安値
  • 年初来高値・安値

が掲載されています。

とくに業績が過去数年の推移と、今後の予想が表示されているため、このページだけで、ある程度の企業分析ができるほど、株式投資には欠かせない情報となっています。

業績

業績では

  • 決算発表予定
  • 経常利益 進捗率
  • 今期進捗状況 – 経常利益
  • レーティング分布
  • 目標株価コンセンサス
  • 同業他社(東証33業種分類)の状況
  • 通期業績推移→財務分析

が表示されます。

その他業績以外に

  • 財務分析
  • アナリスト予想
  • 株価指標
  • 業績フラッシュ
  • レポート

が表示されます。

適時開示

適時開示とは

証券取引所に上場した会社(以下、「上場会社」)が義務付けられている「重要な会社情報の開示」のこと

を言います。

会社が自ら発表(開示)される情報のことを言い、タイムリー・ディスクロージャーとも呼びます。

主な開示情報には

  • 新株式の発行
  • 合併
  • 新規事業の開始
  • 工場の火災
  • 大株主の異動
  • 訴訟の提起
  • 決算内容、業績
  • 業績予想の修正

などがあります。

株主優待

株主優待の有無、内容が記載されています。

分析

金融情報やリスク管理などのサービスを提供する企業「Refinitiv(リフィニティブ)」の分析データが表示されています。

  • 企業スコア
  • 同業種スコア平均
  • 目標株価
  • 過去1年間の株価比較

などが掲載されています。

検索情報

株主優待

株主優待で株を検索することができます。

スクリーニング

細かい条件を設定して、複数ある対象の中から条件に合致する対象を選別する検索方法をスクリーニングと呼びます。

例:PER10倍以下の銘柄のスクリーニング結果

業種検索

業種別の検索が可能です。

テーマ投資

テーマに合わせた投資が可能です。AIによるテーマ分類ごとのポートフォリオに対して、投資できます。

まとめ

上記のようにネット証券であれば、その日のうちに口座開設から取引まで進めることが可能です。